貿易セミナーに参加をして仕事の知識を盗もう

幅広い年齢の方が活躍している

貿易事務だけでなく、ドライバーも様々な年代の方が活躍しています。またドライバーの場合、大型免許やフォークリフトの免許取得支援制度があるため、安心して入社できます。貿易事務も同様に、研修期間が設定されているので、一人前になれるでしょう。

貿易事務の気になるセミナー内容とは?

AOスキルがほしい場合

貿易事務の仕事をテキパキこなすには、OAスキルが必要です。また、業務に必要なシステムを活用することもあるでしょう。プレゼン用の資料作成で習得したいスキルもあるので、パソコン研修ができるセミナーへの参加が必要です。

英語を習得したい人向けのセミナー

貿易というだけあって、海外の方と触れ合う機会がかなり多くなりますから、英語力は少しでも身に付けたいところです。派遣会社で提供している貿易研修にて英語を簡単に習得できるでしょう。

資格取得を応援するセミナー

他の職場に転職するための準備に、苦手な分野や得意な分野をさらに伸ばすセミナーがあります。派遣会社自体が多くの教育機関と提携しているので、好きなものを自由に選んで受講できます。

講座で24時間学び放題!

レベルアップがしたい分野を好きなだけ学習できる環境があると尚いいでしょう。自宅に携帯やスマホがあれば24時間いつでも受講ができるので、セミナーで習ったことを復習するために使うことも可能ですよ。また、コースも充実しているので、ビジネス関連のマナーや知識を学びたい時に適しています。

貿易セミナーに参加をして仕事の知識を盗もう

レディ

転職に活かせる資格を知ろう

海外と日本の間で発生する輸出や搬入の取引を貿易事務がサポートします。もちろん、外国人には日本語は一切通じないため、セミナーの受講が求められます。また、海外と日本の文化や法律も全く違うため、日本との違いに戸惑いが出てくるかもしれません。貿易事務は、海外向けの書類作成および、スペースの予約、輸出や搬入のいずれかを担当します。一方、輸入の場合は、貨物の管理、税関や消費税などの納付、運送の手配などが仕事です。いずれも貿易実務検定、通関士、交通貨物取扱士などの資格が大事となるでしょう。トラックのドライバーになるなら、大型や中型免許だけでなくけん引免許、玉掛作業の資格、危険物取扱者といった特殊な免許が就職に役立ちます。

求人情報のチェック箇所

京都の運送会社でドライバーとして働くなら、手当と待遇のチェックを忘れずに行いましょう。正社員になっても働きやすいように各種保険や賞与の有無をチェックすることはとても重要ですよ。ドライバーは、高速を使って遠くまで荷物を運ぶことがあるため、時には車中に寝泊りすることもあります。しかし、それがなく毎日家に帰れる求人がありますから、体への負担が少ない働き方ができるでしょう。

面接で気を付けること

貿易事務のセミナーなら、面接に気を付けるべき事を事前に教えてくれるので失敗しないでしょう。さらに、面接に受かるコツやポイントをしっかり叩き込むので対策はバッチリです。トラックドライバーの場合は、恰好に気を付けることが大切です。一見緩そうに見えるため、普段着で面接に挑む方もいますが、基本は貿易事務の面接同様スーツが決まりです。

広告募集中